2016年12月05日

HTC Viveのソフト紹介4

HTC Viveでプレイできるソフトを1つ紹介。
2日前にリリースされたI Hate Santa。

600x338

I Hate Santaは雪合戦のゲーム...と思いきや、雪の大砲で襲ってくるサンタをやっつけるゲームです。コントローラーは使わず、頭の向きで照準を合わせて狙って打つシステムになってます。価格は298円と、有料ですが手ごろな値段で、なかなかハマります。

ずっとプレイしていると首が疲れてくるので、両手で顔を支えながらやるのがいいかも。



悪魔のささやき「冬のボーナスでHTC Viveを買っちゃおう!(笑)」

Time 22:41|この記事のURLComments(0)VR  | twitterでつぶやく

2016年12月03日

仮想空間をシアターにする「Bigscreen」が不思議な感覚

Bigscreenは仮想空間内にPCのデスクトップを表示して、ホームシアターのように見るソフトです。と書くとゴーグルがスクリーンになるだけしょ?って一見思えますが、仮想空間の中にディスプレイが現れて、その画面上で動画を見たり、PCの操作ができるんです。現実空間ではVRゴーグルをかぶっていて、仮想空間ではPCのディスプレイを見ている!?なんだかわけがわからなくなってきますね。(笑)

その空間はいろいろと選ぶことができ、デフォルトは高級マンション(?)のテラスになっています。そこからは綺麗な夜景が見え、あたかもその高級マンションに住んでいるような、ちょっと不思議な気分に浸れます。仮想空間の中に現実空間を持ってきたところが、このソフトの面白いところですね。

スクリーンの表示は、巨大スクリーンをマルチプレイヤーで見る方法と、自分専用のスクリーンで見る方法の2つがあります。

20161203200221_1

巨大スクリーンの位置は固定で、移動すれば自分の好きな角度から見ることができます。マルチプレイヤーに対応している(らしい)ので、みんなで仮想空間に集まって見るという使い方ができるっぽいです。

もう一つは自分専用のスクリーンで、上下・左右・前後に移動することができます。頭を動かしてもスクリーンの位置は変わらないので、あたかも部屋の中のその場所にスクリーンがあるようです。

20161203200456_1

スクリーンを離して夜景を眺めながら見るも良し。
近くで見るも良し。

20161203194924_1

実際にソファーに座りながら見ると、本当にこの空間に座っている感覚になります。用意されている空間はリビングやホームシアター、ベッドルームなどの室内のほか、宇宙空間もあります。まだベータ版ということであまり多くありませんが、Bigscreenの今後にとても期待してます!

たぶんこれは実際にやってみないと面白さが理解しづらいと思うので、HTC Vive・Oculus Rift・OSVRをお持ちの方はぜひ試してみてください。ベータ版は無料です。



ちなみに、これはHTC Viveのハードウェアの問題でもありますが、画面が粗いです。肉眼でドットが見えてしまうのはいまいちですね。まだVR HMDが登場したばかりでこれから進化していく世界だと思うので、今後のハードウェアの進化を期待していきたいと思います。




Time 23:33|この記事のURLComments(0)VR  | twitterでつぶやく

2016年11月30日

HTC Viveのソフト紹介2

HTC Viveでプレイできるソフトを3つ紹介。

VRMultigamesは無料のミニゲーム集で、現在は3つのゲームが入ってます。弾を打って向かってくる敵を撃ち落とすゲーム、サーカーのゴールキーパー、襲いかかってくる敵を弓矢で倒すゲームがあります。無料なので暇つぶしにはいいかも。


Skeet: VR Target Shootingはショットガンで的を狙うミニゲーム。UFOを打ち落としたときはちょっと嬉しい。こちらも無料です。

3つ目はSteamではなくViveportで配信されているゲーム。

VR Regatta - Early Access
image_thumbnail_2
VR Regattaはヨットを操縦してコースを回るゲームで、操作も単純な左右移動ではなく、実際のヨットと同じような(?)操縦をします。ボートでは床に座ってプレイすると目線が海面に近くなるのでリアルです。体は動かずに画面が動くタイプなので、長時間すると軽くVR酔いするかもしれません。こちらも無料です。

次回はゲームではなくVR体験型のソフトを紹介したいと思います。

Time 23:00|この記事のURLComments(0)VR  | twitterでつぶやく

2016年11月28日

HTC Viveのソフト紹介1

HTC Viveでプレイできるソフトを2つ紹介。

1つ目はニワトリが産み落とした卵を拾うゲーム。すごい単純なゲームなんですが、カゴに卵が落ちるときの振動とかもあって結構ハマります。無料でダウンロードできます。

600x338

Egg Time(無料)
http://store.steampowered.com/app/531990/

2つ目は有料のゲームで、立体のブロック崩し。これ完全にスポーツですわ。まさかコンピューターゲームでこんなに息が切れるとは。(笑) 結構激しく動き回るのでプレイエリアは2m×2m以下は危ないかもしれません。うちはせまくて、コントローラーを壁に叩き付けてしまいました。(;_;)

600x338

Cyberpong(898円)
http://store.steampowered.com/app/462000/

Steamで配信されているゲームは基本英語なので面白いゲームを探すのに一苦労ですが、探すといろいろいいのがありそうですね。ちなみに支払いはビットコイン決済がQRコードを読み取るだけでできて便利です。


Time 23:25|この記事のURLComments(0)VR  | twitterでつぶやく

2016年11月26日

すぞいぞHTC Vive

2016年はVR元年とも言われ、Oculus RiftやHTC vive、PSVRなど、ヘッドマウントディスプレイ型のVRデバイスが発売されました。私もVRには少しは興味があったものの、そんなにやりたいというほどではなく、Google Earth VRがリリースされたというのを見て欲しくなりました。

そこでHTC Viveについていろいろ調べてみると、これはなんだか凄そうなものだと。調べれば調べるほど、これはもう買うしかないという結論に至りました。(笑)

094

HTC Viveってどんなもの?、何を用意すればいいか、などすでにまとめられているサイトもたくさんあるので、詳しくはそちらを見ていただくとして、こちらのサイトがとても参考になりました。


ハイスペックなビデオカードが必要

うちのPCは2年以上前のもので、ビデオカードもローエンドのものだったので買い替えが必要でした。HTC Viveは高度なビデオカードの性能が要求されます。性能の低いビデオカードでも動くことは動くのですが、体の動きに画面が追いつかず、乗り物酔いと同じように「VR酔い」が発生してしまいます。最近のグラボだとGeForece GTX 970/1060以上が推薦ということで、価格と性能のバランスの良いGTX 1070を買いました。それ以外は出費を抑えたかったので、今までのPCパーツを流用することにしました。
 
プレイスペースの確保

VRのスタイルには、は椅子に座ったままプレイする方法、立ったままプレイする方法、歩き回ってプレイする方法(ルームスケール)があります。HTC Viveの大きな特徴は、VR空間を自分の足で歩けるというところです。頭を動かすと360度見渡せる、だけでなく、自分の足でVR空間を歩き回れるんです。これがすごい。
もちろん現実空間でも歩き回っているわけで、そうなると歩くためのスペースが必要になります。HTC Viveでルームスケールに必要なスペースは、最低2m × 1.5m、最大 3.5m × 3.5m 必要です。狭い日本の住空間ではちょっと厳しいですね。幸い我が家ではルンバを飼っていて床に荷物を置かない習慣ができていたので(笑)、床面の確保はギリギリなんとかすることができました。

ビデオカードのベンチマーク

SteamVR Performance Testという、VR専用のベンチマークソフトがあるので、これでVRに求められる性能があるかテストすることができます。これが可能〜レディなら大丈夫です。

準備ができたので、いよいよプレイします。


HTC Viveを使った感想

「うおおおおおおーーーーーー!!!!!」
「なんだこれは!!!!」
「没入感やばい!!!」

今までに体験したことがない感覚です。「VRって頭を動かすと360度見えるんでしょ?」ってレベルじゃありません。本当にそこにいるように錯覚します。脳がここは現実なんだと勘違いをしてしまうほどの没入感です。これはすごい。しかも歩き回ったり、しゃがんだりすると、それに追従して画面が変わるので、本当にそこにいるんだという感覚になるのです。

ちょっと高いですが、買って後悔はないです!
もうすぐ冬のボーナスですね。
マジで買うべきです!!!

2016年はVR元年

2016年はVR元年と言われていて、これからどんどんと新しいデバイスが出てくると思います。HTC Viveもまだ発売されたばかりで、粗削りな部分も多いです。今はアーリーアダプタと言われる人が手にしている段階で、これから一般に普及していくにはまだ時間もかかると思います。そこで今の現状と将来の理想についてまとめてみます。

ケーブルがちょっと邪魔
HTC Viveのヘッドマウントディスプレイ(HMD)は、ケーブルでPCと繋がっています。歩き回るのにケーブルを引きずるので、ときどき足に絡みます。(笑) ただ、すでにワイヤレス化キットも開発されているようなので、2017年にはその問題も解決することでしょう。

メガネをしたままでも使えるが…
メガネをしたままでも着けることができるようになっているので、通常は問題ありません。ただ人によってはメガネがずれてしまったり、煩わしさを感じることもあるかもしれません。VR LENS LABではHMDに埋め込み型のメガネをオーダーできるそうで、試しに作ってみることにしました。メガネの矯正値SPH/CYL/AXSなどを指定すれば、自分にあったレンズを作ってくれるそうです。

本体の価格が高い
現在のHTC Viveの価格は107,784円(税込)で、ちょっと手が出しにくい金額ですよね。でもこれは時間の問題でしょう。最初は高いのは仕方がない。製造コストが下がって値段が下がれば一般にも普及していくと思います。2017年末には5万円くらいですかね、と根拠のない予想をしてます。

PCの要求スペックが高い件
特にビデオカード。ハイエンドなカードが求められます。しかしGTX 1000番代なら性能も高く、ミドルクラスのGTX 1060なら価格はそんなに高くもありません。VR Readyと書かれたビデオカードを目印に探してみるといいでしょう。時間がたてばビデオカードも安くなってくるはずなので、そのうち問題にはならなくなると思います。

例えるなら、初代iPhone

まだまだこれからってところではありますが、ガラケーからスマホに変わったときの、ものすごい大きな変化、といったところでしょうか。とにかく今後に目が離せませんね。


P.S.
HTC Viveは現在定価販売のみのようで、ショップのポイントもあまりつきません。ところがYahoo!ショッピングだと、しょっちゅう「ポイント○倍」キャンペーンをやってるので、Yahoo!プレミアム会員の人はYahoo!ショッピングで買うのがお得かもしれません。期間固定ポイントという制約はあるものの10%前後のポイント還元が受けられるようです。


Time 20:31|この記事のURLComments(0)VR  | twitterでつぶやく

2016年11月16日

家庭向け水耕栽培キット「やさい物語」

01

沖縄セルラーが家庭向け水耕栽培キット「やさい物語」

来年2月に新しい水耕栽培キット「やさい物語」が発売されるそうです。LEDライト、空調ファン、エアーポンプなどの仕組みはGreen Farmと同じですが、カメラが内蔵されているのは面白いですね。カメラで成長の過程を撮影したり、内蔵センサーで温度や湿度もわかるそうです。

価格は3万4800円(税別)と、この手の機器としては普通な価格帯。

インテリアとして見ると、foopという水耕栽培キットがデザイン綺麗でいいですね。価格は48,500円(税不明)と結構高めですが、開発秘話を読むと開発者の愛を感じます。

foop

こういった水耕栽培キットで育てられる野菜は、レタスなどの葉物野菜やハーブが中心ですが、個人的にはトマトやキュウリが栽培できる、もっと大きな水耕栽培キットが欲しいです。

今自作している水耕栽培装置も、まずは目標として、鈴なりミニトマトの栽培を目指してます!


2016年11月14日

自作LED水耕栽培装置スタート

もっと安くLED水耕栽培装置が作れないか、ということで、LED水耕栽培装置の自作に挑戦しました。照明はLEDライトを使用して太陽光が入らない場所でも栽培できるようにし、水槽にはエアーポンプで酸素を送るようにしています。これらはRaspberry Piで自動制御するようになっています。

IMG_7596

使用したLEDライトは、明るい5630タイプのLEDを使用した長さ50cmの棒状のLEDライトで、36個のLEDが搭載されています。これが1本200円ちょっと。ただし日本で買ったら1本数千円するかもしれません。これを8本使用し、100円ショップのBBQ用焼き網に固定しました。
テープタイプのLEDは発熱でテープが剥がれるなど、過去に失敗したことがあったので、今回は放熱用のアルミケースに入ったタイプにしました。おかげで触っても熱くない温度になりました。

IMG_7594

LEDライトは天井から吊す形にして、作物の高さに合わせて調整できるようにしました。ダブルクリップ、タコ糸、焼き網、すべてダイソーです。(笑)

IMG_7593

照度計で測定してみたところ、10cm離れた位置で
・Green Farmが 14,000 Lux
・自作LEDライトが 13,000 Lux
でした。

明るさはいい勝負ですが、消費電力は大きく違います。LEDバーは1本7.2Wで、8本使っているので57.6Wと、Green Farmの2倍ほどになってしまいました。Green Farmはかなり効率よく作られているみたいですね。

ちなみに容器と容器の中に入っているボードもダイソーです。このボードは水に浮くので、水が少なくなってきても常にボードを水面の高さに保ちます。苗床スポンジを固定するための器具は3Dプリンタで作成しました。製作コストは1個あたり50円程度です。



Green FarmのLEDは若干赤味があるのですが、今回使用したLEDは普通の白いタイプで、野菜の育成に合うのかどうかは定かではありません。野菜工場では赤4〜6:青1くらいの割合が良いそうです。このあたりも含めて実験ということで、まずは白色LEDでできるのか、というところから実験していきたいと思います。

IMG_7598

 1日目は種まきから。
 半結球のコスレタス、レタス、サラダ菜を育てます。発芽したらスポンジに移し、成長したら8本→6本→4本と間引きして、この水槽で育てる予定です。


2016年11月05日

肥料を足したらレタスが苦くなった

IMG_7492肥料の濃度が薄くなったから濃くすればたくさん収穫できるだろう、と液体肥料を加えたからなのか、収穫したレタスが苦くなってしまいました。
いろいろ調べて見ると、収穫前には窒素抜きという作業が必要だそうなのですが、Green Farmは足すのは水だけなので、収穫時期に肥料の濃度が薄まって苦みが減るということなんでしょうかね。
やっぱり素人の自己判断は失敗でした。(^^;; ちゃんとうまいことできてるんですね〜。

日々の成長の記録は↓こちらのブログで〜♪
LED水耕栽培 観察ブログ


2016年10月28日

水を足したら肥料が薄まっちゃうんじゃないの?

IMG_7353Green Farmでレタスを栽培していると、結構な勢いで水が減っていきます。説明書には水を加えるように書いてあるのですが、水槽には4Lの水と肥料が入っているので、そうすると肥料が薄まってしまうんじゃないかと思いました。根から水とともに栄養素を吸収するわけだから、成長に伴って水中の肥料は少なくなるはず。そう思って、ECメーターという、肥料濃度を調べる測定器を買ってきました。

実は全然詳しい事は知らないんですが、千円ちょっととお手軽な値段で買えるので。(^^;;
ネットで調べると、肥料濃度は2.2〜2.6ms/cmがよいというのを目にしました。実際に測定したところ、こんな感じでした。

・ただの水道水 200us/cm
・現在のGreen Farm(4週間経過、計5Lほど水足ししている) 380us/cm
・Green Farmの肥料を1Lの水に7.5mL混ぜたもの 1000us/cm

今はほとんど水みたいなもんですね。もちろんメーカーが最適な濃度になるように計算した結果がこれでしょうから、きっとこれでいいんでしょう。でもやっぱり、このまま長く収穫し続けたいなぁ、ということで、自己判断で肥料を混ぜた水を1L加えることにしました。素人の自己判断ほどあてにならないものはないですが。


LED水耕栽培器「Green Farm」が面白そう

greenfarm

最近、水耕栽培に興味を持ってます。

農業の知識も無いし、手入れも大変そうだし、何より日当たりの良い部屋が無い、だから水耕栽培とは無縁だと思っていたのですが・・・、出会ってしまいました。

「家庭で育てる野菜畑。Green Farm」

なんとこれ、太陽光のかわりにLEDを使って栽培するんです。すごい!これならうちでも使えるじゃないか、と思ってヨドバシで値段を見たら22,000円。う、、、高い。野菜買った方が安いな。

と一旦は諦めたのですが、やっぱり気になりもらってきたカタログを読んでみると、日々の手入れは不要で、電源を入れてほったらかしておくだけでいいらしい。LEDはタイマーで自動で点灯、半密閉構造で虫が入りにくく、排気ファンもあり、養液に酸素を加えるためのエアポンプも内蔵(エアポンプを使うと成長が劇的に良くなるらしい)。育てられる野菜は葉物野菜を中心に数多くあります。もう買わない理由が無いじゃないですか。(笑)

そして、購入して1ヶ月が経ちました。
日々の成長の記録は↓こちらのブログに写真をアップしています。

LED水耕栽培 観察ブログ

栽培しているのはレタス(グレートレイクス)です。4週間で3回収穫しました。成長したら外葉だけを収穫し、繰り返し収穫できるようにしています。

本体だけで2万円前後、専用の種子や肥料は1セットで650円程度かかるので、これで元を取るのは無理でしょう。それよりも自宅で栽培できる楽しさ、収穫したばかりの新鮮な野菜が食べられる、というのはとても大きなメリットです。

このブログでは今後、Green Farmの活用や、自作LED水耕栽培装置について書いていきたいと思います。


サーバーが落ちたら通知するスクリプト

Webサーバーが落ちてるか簡単にチェックしてみたかったので、こんなスクリプトを作ってみた。あとはcrontabで定期的に実行すればOK。
#!/bin/sh
URL=http://www.example.com/
len=`wget -qO - $URL | wc |awk '{print $3}'`
if [ $len -lt 1000 ] ; then
  echo "example.com down??" \
  | mail -s "example.com down??" -r hoge@example.com hoge@example.com
fi
wgetでURLにアクセスして、取得したデータが1000バイト以下だったら(普通は落ちてたら0だけど)アラートメールを飛ばします。


2016年07月30日

ESP8266 ESP-WROOM-02自作基板が届いた

7/5にスイッチサイエンスPCBに発注したESP-WROOM-02用のオリジナル基板がやっと届きました。納期24日!長かった…。あまりに待ちくたびれて熱もちょっと下がってきてしまいました。(^^;; 次からはFusionPCBに直接発注して、送料がちょっと高い早い配送方法にしようかな。

ということで届いた基板がこちら。

IMG_6242

はじめてEAGLEで回路と基板を設計して、はじめて業者に発注して、こんな風に形として出来上がってくるのはちょっと感動です。

今回の回路とボード図面はこんな感じ。見様見真似というやつです。

miniesp-scheminiesp-board

前回まではなんとか25 x 25mmに収まるようにと考えていたのですが、そうするとどうしても1ピン分の幅が足りなくなってしまいます。25mm角にこだわりたいところでもあったのですが、無意味なことにこだわって使いやすさを損ねるのは本望ではない…ということで、30 x 25mmとしました。

重視したこと・その1 

今回重視したのは、組込用としても使用でき、開発用としても使用できること。組込用で重視するのはサイズを小さくして、使わないピンは設けたくないところです。たとえばUARTのTX/RXは書き込みのときしか使わないので、TX/RXはヘッダーピンには出力しないようにしました。

同様にUSBのシリアルモジュールも書き込み時しか使わないので、秋月の超小型USBシリアル変換モジュールAE-FT234Xが直接挿せるようにしました。開発用の場合は4ピンの丸ピンICソケットを横に取り付けて使用します。組込用の場合はワイヤーをはんだ付けして、書き込みが終わったら外せばいいかなと。

重視したこと・その2 

ESP-WROOM-02のブレークアウト基板は様々なものが発売されていますが、横幅が広くてブレッドボードの横幅を埋め尽くしてしまうんですよね。しかもプルアップ抵抗やGND、ボタンに加え、3.3Vの電源回路を加えると、動作に必要最低限の配線だけでもう、すでにぐちゃぐちゃになってます。この状況を変えたい。(お、政治家みたいな発言w)

そこで開発用では使いやすさを重視ししました。
  • ブレッドボードを占領しない、縦に挿すスタイル
  • ピンヘッダは1列のみ
  • 5V→3.3V電源内蔵
  • 電源入力はMicro USB、UART用端子、ピンヘッダの3系統から選べる
  • TX/RX以外のピンは全て出力する
  • WDTに対応するため、IO16をRSTに接続する半田ジャンパーあり
  • IO13の出力を基板上のLEDで確認可能(半田ジャンパーで選択)
5Vの電源だけ与えれば動きます。

組み立ててみた 

IMG_6236IMG_6237

今まであまり表面実装の部品をはんだ付けしたことがなかったんですが、いや〜、大変!!細かいしうまく固定できないし、腕があと1本欲しいって感じです。一応youtubeで見た表面実装のはんだ付け方法のビデオを参考にしてみました。こて先が尖っていて熱が伝わらなくて苦労しました。表面実装ではこて先が平らになっているものが良さそうですね。

一応こんな感じで、秋月のUSBモジュールを直接挿せるようになっています。5Vの電源もUSBモジュールから取ってます。100mA以上取り出したいので、USBモジュールにあるポリスイッチは取り外してショートさせてあります。

ピンヘッダーは次のようになっています。
  1. +5V
  2. GND
  3. +3.3V
  4. SCL / IO5
  5. SDA / IO4
  6. TOUT
  7. IO12
  8. IO13
  9. IO14
  10. IO16
実はピン2〜5に直接OLEDモジュールが挿せるように、こうゆう並びにしています。

IMG_6238

これならジャンパーワイヤーすら不要ですね。
ちなみにこの後、このOLEDにはGND/VDDが逆のタイプもあると知りました。(笑)

次の目標

開発用は開発用、組込用は組込用でいいんじゃないか、ということに気付いてしまいました。ということで次は組込用として、0.96インチ128x64 OLEDディスプレイと同サイズの基板にして、完全に一体化できるようにしたいです。

今回EAGLEのオートールーターで、電源5V/3.3V/GNDの配線を16 mil(0.4mm)、それ以外はデフォルトの6 milで全てを自動配線したんですが、プルダウンやプルアップのような大きな電流が流れない配線も太くなってしまってしまいました。その結果狭い場所に配線ができなかった場所も。太くしたいところだけ手動で配線しないとだめですかね。自動配線は部品を0.1mmずらしただけで結果が大きく変わってしまったり、万能ではなさそうですが、とにかく楽をしたいので自動配線を全力で使っていきたいと思います。(笑) 

 ポケモンゲットだぜ!
 IMG_6243


Time 09:51|この記事のURLComments(2)ESP8266  | twitterでつぶやく

2016年07月17日

Amazon Fire 8GBにGoogle Playストアをインストールできた

送料込・税込3,480円で買ったFire タブレット8GBをサブモニターとして使うつもりで買ったんですが、しばらく経つと画面が暗くなって、スリープしてしまいます。スリープについては開発者モードの設定で停止できたんですが、Fireの設定画面では30分までしか設定がなくて、 結局画面が暗くなってしまいます。

なんで「スリープしない」という設定が無いのか・・・。考えてみれば、Fireが安いのはユーザーにAmazonで商品を買ってもらうのが目的なわけで、端末を使用しない状態で置かれているのはAmazonが望むことではないのだなと。(笑)

調べてみると、バックライトを常時オンにする「バックライトスイッチ」 というアプリがGoogle Playストアにありました。しかしFireにはGoogle Playストアはありません。そこでこちらを参考にして、Google Playストアをインストールしてみました。

IMG_6154

これで見事、画面が暗くならないようにできました!
 

2016年07月15日

ダヴィンチ2.0Aのキャリブレーションが失敗する

ダヴィンチ2.0Aで出力すると、手前のものが押し潰されたようになり、奥の方がガタガタになっていました。奥の方はノズルからポタポタと垂れていて、どうやらプラットホームが水平ではないようです。説明書には調整済みだからキャリブレーションはしなくて良いと書いてあったのですが、水平ではないことが明らかなので、キャリブレーションをすることにしました。

そしたらなんとキャリブレーションエラー!ディスプレイには「+ERR,+ERR,+ERR」と表示されています。測定ポイントを清掃してもだめ。数値が出るときもあるけど、基本エラー。こんな巨大な本体をメーカーに送り返したくないなぁ…。ということでもう少し調べてみることにしました。

まずどうやってZ軸の高さを検出しているかというと、このノズルの横にある端子と、プラットホームの金属部分が接触することで測定しているようです。

cal1

よーく観察してみると奥側の測定ポイントだけ、プラットホームの金属部分から微妙にずれたところに端子が降りてきています。

cal0

手前側の測定ポイントは金属板の2枚重なっている上側に来ているので、そりゃあ〜水平にはならないわー。

測定ポイントは金属板は動かせそうにないので、同じ高さのところに端子が接触するように改造することにしました。高さを測ると金属板は1枚0.5mmでした。ちょうど手元に0.5mm厚のワッシャーがあったので、ワッシャーを2枚重ねて測定ポイントを延長してみました。電気的に導通していればいいかなと。

cal2

するとエラーが無くなりました!
あとはプラットホームの下にあるネジを調整します。どのくらい回すべきかわからなかったので調べて見たら、こんな便利なサイトを見つけました。何回か調整して、キャリブレーションもうまくいきました。

cal3

実際に出力してみても、手前と奥での違いもほとんどなく、綺麗に出力することができました。メーカーに送り返さずに済んでよかったです。ほんと水平って大事なんですね。


2016年07月10日

QNAPのVirtualization Station上のWindows 10でVirtIOコントローラーを使う

QNAPVirtualization Stationで、やっとWindows 10がVirtIOで動きました。
ハマりポイントはこちら。→1 →2

ディスクをベンチマークしたところ、やはりVirtIOの方が性能が良かったです。
 
IDE接続
ide

VirtIO接続
virtio

ストレージがRAID 1のHDDなので、SSDにすればもっと早いんでしょうね。
2.5インチベイ4つくらいあって、Virtualization Stationに対応していて、メモリが16GB以上、4コア以上のNASがあったらいいなぁ。


2016年06月28日

ESP8266 ESP-WROOM-02 ブレークアウト基板作り

先日から始めたESP8266 ESP-WROOM-02のオリジナル・ブレークアウト基板は、あれから試行錯誤を重ねて、ほぼ完成に近づいています。基板の大きさを 25x25mm で設計しているのですが使いにくい部分もまだ残っていて、基板の大きさを大きくするか迷ってます。

とりあえず現在の回路図はこんな感じ。
esp8266-schematic

開発用ボードしても使い、組み込み用としても使うことを目的にしているので、このケースに収まるようにしたいところです。

配線はかなりキツキツです。
esp8266-board

試しにパーツを並べてみるとまだ余裕がある感じがします。でもこれ以上小さい部品は手で半田付けができません。0805より小さいのは無理です。(^^;;

esp8266-karioki

アンテナのところにパーツを配置できないのがつらいですね〜。シリアル通信のTX/RXのところは、本当はICソケットにして、簡単にさせるようにしたいところです。0.96インチ 128x64のOLEDディスプレイもさせるようにしたい。この際25x25mmにこだわるのやめましょうかね。

一応回路がちゃんと動くかブレッドボード上で組んでみました。
1ドル 101.65円 とは、急激な円高になってますね!

breadboard-esp8266

回路は大丈夫そう。一応ちゃんと動いているっぽいです。

あと5〜8mmくらいなら伸ばしても大丈夫そうなので、縦をもう少し伸ばして、開発用としても不便が無いようにしてみたいと思います。


Time 20:47|この記事のURLComments(0)ESP8266  | twitterでつぶやく

2016年06月17日

ESP-WROOM-02がとても面白そう

ESP-WROOM-02ESP-WROOM-02というWi-Fi機能を搭載したモジュールがあるのですが、今猛烈にハマってます。(^^;;

シリアルポートが付いていて、ATコマンドを使ってWi-Fi接続を行い、インターネットを経由してサーバーにデータを送信したり、データを受信することができます。Arduinoのようなマイコンに接続すれば、今話題のIoTですよ!

いや、私が食いついたのはそこではなくて・・・

Wi-Fiモジュール単体で動くんです!

マイコンやFlashメモリーが内蔵されていて、中のプログラムを書き換えればオリジナルのプログラムが動きます。20x18mmの小さなモジュールで。しかも開発はArudino IDEでできるという。なにこれめっちゃ面白そうなんですけど。

そしてもう一つ驚きなのが、その値段。
秋月で1個550円、10個まとめて買えば1個あたり450円です。
これはもう買うしか無い!


ということで買ったのはいいですが、ArudinoでLチカくらいしかやったことなかった。C言語は苦手でポインタで挫折した派。いろいろ勉強して、とりあえずはセンサーから取得した値をLCDに表示させたり、httpでサーバーからデータを取得するくらいはできるようになりました。

ものすごく今さらながらQiitaに登録してみました。ブログとQiitaの使い分けが悩ましいですが、「事実」はQiitaに、「意見」「考え」はブログに、というのがしっくりきたので、使い分けて書いていきたいと思います。

まず最初に作りたいのは「サーバー監視システム」です。
初代(秋月のPICNICを使用)
二代目(PICNICにシグナルタワーを接続)
現役三代目(Raspberry Piを使用)

四代目はESP-WROOM-02にOLEDディスプレイを取り付けて、音やLEDのアラームだけでなく、ダウンしたサーバーをディスプレイ上でわかるようにします。筐体はこんないい感じの3Dデータがあったので、このまま使うか、自作したいと思ってます。ということで3Dプリンタを買いました。(笑)

ESP-WROOM-02はピンが特殊な1.5mmピッチなので、ユニバーサル基板に取り付けるのは大変です。2.54mmピッチに変換するブレイクアウト基板を使用します。この写真のT型の基板がそれです。各社からいろいろな変換基板が出てるんですが、主に開発用なのでサイズも大きく、不要なピンも全て出てて、もっとコンパクトなのが欲しいところです。ということでオリジナルのプリント基板を作っちゃいましょう!

プリント基板なんて過去に1回だけ、ポジ感光基板で作ったきりなんですが…。今回はCADソフトのEAGLEで作成して、プリント基板屋さんに発注します。小さな基板でも、国内の業者だと数万円。ホビーでやるには高すぎます。海外は数十ドル。ただし英語。でも情報が多いのでFusion PCBあたりに依頼しようかなと思ってたら、なんと国内のサービス スイッチサイエンスPCB というのがありました。製造は海外で行うので納期はかかりますが、とても安く、窓口が日本というのは助かります。

昨日からEAGLEの使い方の勉強を始めました。今までプリント基板の設計はおろかCADもろくに使ったことがなかったので、ゼロからのスタートです。

オリジナルESP-WROOM-02用ブレイクボードの目的
・モジュール本体を一回りか二回り大きくした程度の小サイズ化
・基板の表に部品を、裏にモジュールを取り付ける
・電源は表面実装のMicro USBコネクタから取る(給電専用)
・シリアル通信用のモジュールは外付け(開発時しか使わないから)
・5V→3.3VのレギュレーターICを実装
・ブレッドボード用の端子は片面のみ(縦に挿す)
・リセットと書き込み用に、表面実装のボタンを搭載
・Deep Sleepに対応できるようにIO16とRSTに半田ジャンパーを入れておく

専用のケースを作ってOLEDディスプレイとボタンを取り付けるのを一度作れば、あとはプログラムで何にでも応用が利きます。

これから作りたいもの
・サーバー監視システム
・温度ロガー(センサーデータを収集・保存・可視化)
・エアコン自動制御(就寝直後は低めにし、朝は冷えないよう設定温度を上げる)
・ESP8266ゲーム

どれも素人だから、覚えることいっぱいありすぎて大変です。(^^;;
 
Time 23:35|この記事のURLComments(0)ESP8266  | twitterでつぶやく

2016年03月12日

入力フォームのユーザーインターフェースをもっと考えよう

入力フォームで面倒くさいものといえばメールアドレスの記入。長くて面倒なので私はあらかじめ作成しておいたメモからコピーするようにしています。ところがコピー&ペーストを禁止しているサイトも数多く存在します。中には強制的にコピペできないように細工しているサイトも。

kopipe-ng

たしかにメールアドレスを間違えると連絡ができなくなってしまうので、間違いなく入力させたいという気持ちはわかります。だからといって強制的にコピペができないようにさせるのはやりすぎでは?と感じます。

例にあげたサイトは片方はコピペできるのでまだいいのですが、メールアドレスのコピペが完全にできないサイトも中にはあります。人間はミスをする生き物なので、手入力させるよりコピペした方が確実です。

あと入力チェックがやたら厳しいサイトが多いのも、入力フォームが面倒だと感じる一因でもあります。「○○は全角で」「○○は半角整数で」とか、ほんと面倒なんですよね。メモからコピペしているとこうゆうところで引っかかります。

haihun-nasi

たとえば電話番号にハイフンが入っている場合。ハイフンが入っているのがわかったのなら、エラーを出すんじゃなくて取り除けばいいじゃない。住所の数字が半角だったら全角にすればいいじゃない。名前のふりがながカタカナだったら平仮名にすればいいじゃない。そこまで細かくチェックしてるんだったら、変換すればいいんです。

最近よくできてるなぁと思ったのは国税庁の確定申告書の作成ページです。あのフォームは割と適当に入力をしても自動的に文字種を直してくれて、エラーで拒絶せずに、正しく直してくれることがありました。

PC世代には常識でも、スマホ世代は半角・全角の違いはあまり意識していないと思います。そもそも指定された文字種の入力が困難な場合もあります。ユーザーにとって入力フォームというのは手間がかかって面倒なものなので、あれこれ注文をつけず、変換できるところは自動的に変換してあげて、ユーザーのストレスにならないようにするのが理想ですね。


2016年02月03日

ルンバはIRセンサーがよく壊れる?

ルンバを買ってすぐにバーチャルウォールを無視して突進するようになりました。掃除が終わっても充電ステーションに戻らず、リモコンも効きません。共通するのは赤外線ですね。どうやらIRセンサーが壊れてしまったようです。保証期間内だったので無償で修理をしてくれました。

購入から1年と数日後、また同じ現象が起きました。修理を依頼すると保証期限を過ぎたので有償修理になるとのこと。 たった数日なのに、しかも購入直後に同じ症状が出てるのだから修理が不完全だったのではと言ったものの、とてもドライな対応でした。どうせ修理に出してもまた壊れるでしょうから、そのまま使うことにしました。

そしてまた別のルンバでも同じ現象が!?え〜〜〜これ設計不良じゃないの??保証期限はとっくに過ぎてるので諦めます。掃除が終わった後に充電ステーションにルンバを戻すとき、目が見えなくなった老犬を介護しているみたいです。(笑) ルンバはペットみたい?

最新機種は改善されているかわかりませんが、ルンバを買うときは5年くらいの延長保証に入った方がいいですね。


2015年12月18日

ドコモから格安SIMのIIJmioにMNPして1ヶ月の感想

日本の携帯料金は各社横並びで、安くても月に6500円くらいかかります。ドコモで7GBまで使える古い料金プランに入っていましたが、実際に使用しているのは月に1GB前後しかありません。しかしデータ通信量が少ない安いパケット料金のプランにすると、通話(発信)なんてほとんどしないのにカケホーダイプランに入らなくてはなりません。結局元の7000円の電話料金からほとんど変わらないのです。

そこで目を付けたのが、今話題の格安SIMです。格安SIMに切り替えるにあたって、譲れないこと、譲れることを考えてみました。

(1) 通話機能 →必要
固定電話を持ってないので通話機能は必要です。

(2) 同じ電話番号 →必要
あちらこちらにに登録しているので今さらの変更は困難です。

(3) SMSの受信 →必要
ネットでの認証の手段としてSMSを使う機会は多いので、SMSは必要です。

(4) docomo.ne.jpのメールアドレス →捨てる
ドコモを解約するとこのdocomo.ne.jpのメールアドレスは使えません。これは悩みました。通常のメールのやりとりだけでなく、サーバーのアラートメールなどの自動送信のメールが多数あり、それらを変更しなくてはなりません。しかもPUSHで通知で受けられる必要があります。しかしこのメールアドレスを捨てなければ、ドコモを切ることができません。

その解決策として、iCloudのメールを使用することにしました。iCloudのメールならPUSHで通知されます。サーバーのアラートメールの送信先はプログラムにハードコーディングしているので、ひたすらgrepで検索をして置換しました。(笑)

今後メールアドレスが変わる可能性も考慮して、新たに独自ドメインを取得し、独自ドメインのメールアドレスから転送する方式にしました。独自ドメインであれば第三者の意向に左右されることなく、自分専用で使えるメリットがあります。

【メールの流れ】
 監視サーバー → 独自ドメイン → iCloud → iPhone

準備完了

IIJmioクーポンスイッチ
これでドコモをMNP解約する準備が整いました。MNP転入先はIIJmioの「音声通話機能付きSIM みおふぉん」です。みおふぉんは音声通話とSMSが使用でき、データ通信が 3GB 付いて月額 1728円(税込) です。これに留守番電話(月額 324円(税込))を付けて、合計で月2千円ちょっとです。

今まで7千円払ってましたから、月に5千円も浮く計算です。


申し込み

Amazonでパッケージを買うと少し安くなるみたいですが、IIJmioのサイトから申し込みました。Amazonで買ったところでSIMカードは入ってないので、IIJmioのサイトから申し込んだ方が面倒が無くていいと思ったからです。数日でSIMカードが届きました。

いよいよMNP転出

IIJmioはナンバーポータビリティの即日開通に対応しているので、SIMカードを差し替えて開通センターに電話をかけます。数時間後に開通して、今までの電話番号のまま通話もでき、データ通信も問題無く行えました。

チェック内容
(1) 今までの電話番号での発信・着信 →OK
(2) インターネット接続 →OK
(3) テザリング →OK
(4) VPN (L2TP)での通信 →OK
(5) SMSの受信 →OK
(6) 電子メールのPUSH通知 →OK
(7) 留守番電話 →OK
(8) 留守電メッセージの通知 →届かない

ほとんど問題ありませんでしたが、留守電メッセージが録音されても、それを知ることができないという問題がありました。これについてIIJmioに問い合わせると、ドコモに確認してもらっているそうで(留守電はドコモのままなんだ。へぇ〜)現在も不明なままです。

1ヶ月間使用してみて…

留守電以外には特に問題なく、今までと同じように使うことができました。IIJmioは使い切れなかったデータ量を翌月に繰り越せるので便利です。これで月7千円が2千円になるんですから素晴らしいですね!

なお政府でも携帯料金の引き下げを議論していて、「5千円以下を目安」としているそうです。私の予想では月額4,800円(税別)の各社横並びになるんじゃないかと思ってます。

 

Time 21:24|この記事のURLComments(3)iPhone  | twitterでつぶやく
コメント