P1070627Appleから発売された「iPad」買いました。携帯でもネットブックでもない、全く新しいジャンルのデバイス。アメリカで売れすぎて日本での発売が伸びてしまいましたが、やっと日本でも入手できるようになりました。私が買ったのは16GBのWi-Fiモデルで、Wi-Fiモデルを選んだのは、iPhoneのように3Gが必要な場所で使うことを考えてないからです。

iPadを手にしてまず最初に思ったのは、画面が綺麗!さすがIPS液晶ですね。そして思ってたよりも重い。片手で持ってると結構疲れてきます。またiPhoneの画面になれていると、とてつもなく画面が広く感じます。
P1070628実際このようにサイトを見るにもちょうどいい大きさです。ピンチで拡大縮小ができたり、フリックでスクロールしたりと、iPhoneでの操作性の良さはそのまま引き継がれているので、PCで見るよりもずっと読みやすいですね。

YoutubeアプリもiPad専用なので、より大きなサイズで見ることができます。
P1070617P1070626


Appleのいいところは、iPhone用に買ったアプリがiPadでも、買い直すこと無くそのまま使えるというところです。普通携帯のアプリとか着うたとかって著作権保護されていて、機種変更すると新しい機種に移行できなかったり、同じものを入れたかった買い直さなければいけないこともあります。
しかしiPadは(iPhoneでも)iTunesに設定してしまえば、一度買ったものを買い直すことなくインストールして使うことができます。普通に考えれば(自分のものなのだから)これが当たり前だとは思いますけど、著作権保護が比較的緩いところが嬉しいですね。

P1070629なおiPadとiPhoneとでは画面の大きさも違うので、iPhone用のアプリを起動した場合は、こんな風にiPhoneと同じように小さな画面で表示されます。
P1070630ただし画面サイズを倍にして表示することもできます。こうすればiPhone用のアプリも大きな画面で操作することもできるので便利です。もちろん単純に拡大しているだけなので画面は荒くなりますが、動画や画像など、文字のように細かい部分を見るような用途でなければそれほど気にはならないです。

現在iPad用のアプリも増えてきています。やはりiPadではiPad用のアプリを使うのが一番いいでしょう。最初はiTunesに入ってる全てのアプリを転送しましたが、今はiPhone用アプリは20個程度しか入れてません。

私が今一番気に入ってるのがMagic Window - Living Picturesという、風景を表示するアプリ。とにかく写真のクオリティが高いし、微速度撮影した写真の再生スピードを自由に変えることができます。癒されます。
あと相鉄アプリのサンプル動画も面白い。Youtubeで電車の運転席からの景色を撮った動画を流すのも、なんか電車に乗ってる気分になって面白いですね。

iPadはどんな使い道があるのかまだまだ未知の部分も多いですが、未知だからこそこれから面白い使い道が出てくるんじゃないかと思います。私はダダ流し系コンテンツのビューワーとしての可能性を感じます。