現行サーバーをVMware ESXiに移行するにあたって、どの程度性能差があるのか簡単な調査をしてみました。ベンチマークに使用したのはSuper πのLinux版で104万桁ループ20回です。

リアル鯖
・Xeon 2.8GHz (x2) → 31秒
・Pentium-M 1.73GHz → 35秒
・Pentium 4 2.6GHz → 64秒
・Pentium 4 2.26GHz → 86秒
・VIA 1.3GHz → 139秒

仮想鯖
・ESXi 3.5: Xeon X3370 3GHz → 11.5秒
・ESXi 4.1: Xeon L3110 3GHz → 14秒
・ESXi 3.5: Xeon X3350 2.66GHz → 14.5秒
・ESXi 3.5: Xeon Core2Quad Q6600 2.4GHz → 17.5秒

レンタル仮想鯖
・さくらVPS980 Core2Duo T7700 2.4GHz → 16秒
・CPI VP-02 Xeon E5504 2GHz (x8) → 19秒

古いサーバーは仮想化しちゃった方が性能も上がって消費電力も小さいというメリットが大きいですね。サーバーを集約するので障害発生時のリスクは上がってしまうのですが、今まで実運用でVMwareが落ちたことは一度もないので(M/Bは全てSuperMicro製)、ストレージと分離して待機サーバーを用意しておいてあげればいざというときもなんとかなるでしょう。