7月21日からフレッツ光ネクストのIPv6 IPoE接続(ネイティブ接続)のサービスがはじまりました。これにはフレッツ・v6オプションというオプションがあり、フレッツ網(NGN)内で直接通信ができるというものです。これのどこがすごいかというと、今まではVPN接続をするのにプロバイダーを介していました。

【今まで】
Local Network --(flets)-- ISP --(Internet)-- ISP --(flets)-- Remote Network

ISPを経由していたので2拠点でプロバイダに加入しなくてはならず、しかも両方のISPを経由するので速度も低下してしまいます。ところが、フレッツ・v6オプションを使うと、

【IPv6 IPoEダイレクト接続】
Local Network --(flets)-- Remote Network

プロバイダを介さずに直接フレッツ網(NGN)内だけで完結できるようになります。そのためプロバイダ料金も不要になり、速度的にも高速になります。さらにISPでは転送トラフィックに制限がありましたが、フレッツ自体には制限が無いようです(FAQの文面から制限が無いと受け取れる)。

IPv6によるインターネット接続のメリットというのは現時点ではあまり感じませんが、このようにNGN網内で通信できるようになったのは便利です。最後にスループットを測定してみました。

【IPv6 IPoEダイレクト接続の場合】
vpn構成: Client --(flets IPv6)-- Server

下り 79Mbps
上り 94Mbps

【PacketiX VPN 3.0:IPv6 IPoEダイレクトの場合】
構成: Client --(flets IPv6)-- PacketiX VPN --(IPv4)-- Server
下り 12Mbps
上り 9Mbps

【PacketiX VPN 3.0:ISP経由の場合】
構成: Client --(flets IPv4)-- ISP --(Internet)-- ISP --(IPv4)-- PacketiX VPN --(IPv4)-- Server
下り 8Mbps
上り 5Mbps