1わざわざ印刷するほどのような書類でないにしても、保管して取っておきたいときってありますよね。別の所に持ち運んで読みたいというときも。そんなときはPDFで保存して、EverNoteやDropBoxなどのクラウド上に保存しておくと便利なのですが、それすら面倒くさい、そこまで必要ないという人にぴったりの方法を見つけました。
【CNET JAPAN】PC/Mac上のドキュメントをiPad/iPhoneに出力できる「ACTPrinter」

ACTPrinterというアプリを使うと、iPadがそのままMacのプリンターとなってしまうスグレモノです。

2このアプリはMacの仮想プリンタドライバ(正確にはPDFを転送するソフト)と、iPad上のプリントデータ受信&ビューワーの2つで構成されています。Mac上で印刷するときに、PDFメニューの「Print using ACTPrinter」を選択すると、送信するドキュメントと送信先の選択画面が現れます。

3OKボタンを押せば、あら不思議。iPad上にプリントしたドキュメントが表示されます。Wi-FiでLAN内で接続されているので、USBケーブルを接続することなくMacからiPadに送信される仕組みになっています。

難点としては、iPad上でACTPrinterを起動していないといけない(バックグラウンドではNG)、ACTPrinterアプリはビューワーのみで、ドキュメントに書き込みができないという点です。個人的には印刷してペンで書き込めるような使い方ができたら便利だったのですが、ほかにそうゆうアプリがあったら教えていただけると嬉しいです。

ちなみにiPadのACTPrinterから、インストールされている各種PDFアプリに送信することができます。私のiPadではEverNote、GoodsReader、Kindle、iBooksが選択できました。GoodsReaderはPDFに書き込む機能もありますので、プリントして書き込むという作業をペーパーレス化するときはGoodsReaderで可能ですね。