80plus

 

仮想通貨のマイニングをするときによく重視されるのは、ハッシュレートとマイニングリグの価格だと思います。私も今まで電源のことは重視していなかったのですが、計算してみるととても大きな差が出ることがわかりました。

 

今回はわかりやすいように、以下のような条件で比較してみました。

  • 安い電源 変換効率 80% 価格8,000円
  • 80 PLUS PLATIUM電源 変換効率 92% 価格25,000円
  • マイニングリグの消費電力 1000W
  • 電気代 30円/KWh

 

まずは安い電源の場合。

1日あたりの電気代  (1KW / 80%) * 24H * 30円 = 900円

1年間の電気代 328,500円

 

続いて80 PLUS PLATIUM電源

1日あたりの電気代  (1KW / 92%) * 24H * 30円 = 783円

1年間の電気代 285,652円

 

→ 電源代の差額: 17,000円

→ 電気代の差額: 42,848円

 

なんと、購入する電源代をケチるより、電源効率の良い電源を買った方が、こんなにも差が出るんですね。普通のPCと違ってマイニングリグは24時間稼働していますから、PC雑誌の検証記事に書かれているよりもはるかに大きな差が出てきます。サーバー用の電源でも同じことが言えますね。このように使う時間が長いものほど効果が高くなります。