sapphire-nitro-plus-radeon-rx-470-8g-gddr5-oc_03

GPUマイニングが熱い!
Radeon RX 470はマイニングのハッシュレートが高く、電力効率も高く人気のようです。ビデオカードを6枚使ってマイニングすることもできるようで、このサイトによると、ビデオカードのBIOSを書き換えてハッシュレートを上げる方法もあるそうです。


私もビデオカード6枚刺しに興味があり、What to Mineで計算したところ、RX 470搭載のビデオカード6枚だと、電気代を引いても1日10ドル以上利益が出ることがわかりました。単純計算で1年で3650ドル、40万円くらいでしょうか。

これは面白そうだ!

ということで、さっそくパーツの選定に移りました。


parts

 

パーツ代は18万円弱。これなら半年で元が取れるかも!?

 

と、舞い上がる前に・・・。
(自分の)過去の失敗から、本当に元が取れるのかもっとよく考える必要があります。

 

まずはじめに、Mining Calculatorで計算された数字は、現在のレート・Difficultyによる値です。レートは将来上下し、Difficultyは将来上昇するでしょう。将来どうなるかは神ですらわかりません。

 

次に、今がバブルかどうか。マイニング効率の良いEthereum、DASH、ZCASHのレートが今バブルの様相を呈しています。マイニング収益増の理由が、これらのレートに比例しているのであれば、バブルがはじけた後はマイニング収益も下がってしまいます。そこでハッシュパワーの売買サイトNiceHashでの過去の売買レートと、それぞれのコインのレートを比較してみました。

 

Ethereum
ethereum

 

ZCASH
zcash

 

DASH
dash

 

NicehashのグラフはBTCベースになっているので、その日のBTCレートを反映して、JPYベースで計算し直しました。直近の値と1ヶ月前、2ヶ月前と比較すると、2〜3倍になっています。ということは、今1日10ドルの利益があっても、以前は1日1〜3ドル程度しか利益がなかったと考えられます(電気代4.5ドル固定と想定した場合)。

 

もし今のバブル価格のまま計算してリグを組んだとしたら、将来バブルがはじけて値が戻ると投資額の回収すらできなくなってしまいます。すっかり舞い上がってしまいましたが、このバブルの行方を追ってから決めた方がいいと思いました。パーツの選定とか組み立てる時が一番楽しい。(笑)

 

参考までに、こちらはScryptマイニングとLitecoinの結果です。1ヶ月前、2ヶ月前とあまり変わってませんね。安定のScryptです。
litecoin

 

今ビデオカードを持ってる人は全力で回せ、これから買う人はちょっと落ち着け、って感じでしょうか。