baikalcube

 

Baikal Miner CUBEは中国のBAIKAL社が開発した、X11 / X13 / X14 / X15 / Quark / Qubitに対応したASICマイナーです。X11などのアルゴリズムはGPUでのマイニングがメインで、ASIC製品は私が知る限りではありませんでした。ASICのマイナーはGPUよりも消費電力が低く、ハッシュパワーが大きいので、効率よくマイニングをすることができます。今回タイミング良く新製品のBaikal Miner CUBEを入手できたのでレポートします。


 

Baikal Miner CUBEのスペック

ハッシュレート:300MH/s
アルゴリズム:X11 / X13 / X14 / X15 / Quark / Qubit
消費電力:
・X11 75W
・X13 87W
・X14 89W
・X15 91W
・Quark 50W
・Qubit 55W
電源:DC 12V
サイズ:135mm(L) x 135mm(W) x108mm(H)

消費電力が75Wというのは嬉しいですね。日本は電気代が高いので、ビットコイン(SHA256)のマイニングには向きません。Scryptはまだ採算は取れますが、かなり電気を食います。うちはENEOSでんきにしたので、1KWhあたり25円、75Wなら24時間稼働しても1日の電気代は45円程度です。

実際にBaikal Miner CUBEの消費電流を計ったところ、X11のとき12.1V 5.1A、62W程度でした。電源効率を考えると表記通りの消費電力のようです。

 

騒音・発熱は?

Baikal Miner CUBEにはむき出しの基板に巨大なヒートシンクとファンが取り付けられています。さぞ騒々しいんだろうな…と思ったら、うるさめのPCとそんなに変わりません。初期設定ではファンの回転は80%に設定されていて、変更することも可能です。発熱も低消費電力だけあって全く気になりません。

 

マルチプールなら手間なし

仮想通貨をマイニングするときに悩ましいのが、どのコインをマイニングするか、です。WHAT TO MINEを見れば、今どのコインをマイニングするのが一番効率が良いかがわかります。しかしこの後が大変。マイニングプールを探して、プールに登録して、コインのウォレットを作成して、マイニングして、コインを受け取って、取引所に送金して、BTC(もしくは自分が欲しいコイン)に両替をしなくてはなりません。

そこで便利なのがBTC出金のマルチプール。マルチプールは一番効率が良いコインを自動的に選んで自動で切り替えてくれます。そして勝手にBTCに両替して、マイニング報酬をBTCで貰えるのです。面倒なことを全部やってくれるのでとても便利です。

 

マルチアルゴリズムが便利すぎる

NiceHashというハッシュレートを売買できるサービスがあります。マイニングプールとは若干異なりますが、考え方としてはBTC出金のマルチプールと同じようなものです。NiceHashもマルチプールと同じように、最も効率の良いアルゴリズムに切り替える機能があり、自動的にアルゴリズムを選んでマイニングしてくれます。つまり、ほったらかしでOK。(笑) こちらのアナウンスを見るとBaikal向けの機能のようですね。

 

1週間マイニングした結果

NiceHashでenable-nicehashsmaオプションを有効にして1週間マイニングした結果、0.0388BTCのマイニング報酬が得られました。今ちょうどビットコインが凄い上昇しているので一概には比較しづらいですが、最終日のレート換算で$52.85でした。フリーズしたり異常終了することもなく、1週間無停止で動作しています。

 

baikalprofit

 

購入はハードルが高い。。。

Baikal社のサイトを見るとショッピングカートがあって、簡単にポチッとできそうですよね!でも実際はカートは機能してないんです。どうやって注文するかというと、メールかSkypeで問い合わせます。メールは返信が遅かったり来なかったりするのでSkypeの方がいいかもしれません。向こうは中国の人ですが、英語で大丈夫です。商品名、数量、支払方法(BTC/DASHなど)、送付先を伝えると、送料と合計額、送金先のアドレスが案内されます。BTCの額は円換算するとかなり盛られてました。送金するまでにレートが変わるリスクがあるので仕方ないですが、高かったです。

 

ビットコインを送金後に、送金した証拠として画面のスクリーンショットを撮って送ります。すごいアナログです。(笑) 送金が確認されたら返事が来ます。なかなか返事が来なくて、うわっ!やられたか!? と焦りました。それから10日ほど、届くかな?騙されたかな?と期待と不安に揺られながら、無事に到着しました。電源は付属していないので自作するか、ATX電源のPCI Express補助電源のコネクタから電源を取ります。

 

※購入は自己責任で※
今回私が注文したときは商品が届いたというだけで、注文しても商品が届く保証はどこにもありません。また偽業者が多数出現しているようです。こういった直接の海外取引ではいつ逃げられてもおかしくないので、自己責任で判断してください。

 

ちなみにBaikal Miner CUBEが4階建てになったQuad-CUBEという新製品が出ています。CUBEは在庫切れ?ツイートを見るとすでに売り切れているようです。どうしても欲しいって人は転売屋から買う手もありますがクッソ高いです。eBayとかAliExpressとかならエスクローサービスがあって、多少は安全性が上がりますけどね。あとは採算が合うかどうか。

 

最後に

今回運良くBaikal Miner CUBEを購入でき、仮想通貨マーケットの大量の資金流入の追い風に乗って、さい先の良いスタートとなりました。元々LTCとDOGEトレードの売却益で買ったものですが、トレードは一喜一憂して神経をすり減らすばかりで私には合いません。少額でも毎日ちょろちょろとビットコインが貯まっていくのが面白いです。