nice4

 

ビットコインの価格が急上昇

ここ最近ニュースでも話題になっていますが、ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格が急上昇しています。ビットコインは5月1日に148,000円だったものが6月7日には307,000円と、たった1ヶ月2倍になりました。1年前は6万円でしたから5倍です。日本では4月に仮想通貨法が施行され、仮想通貨は決済手段として法的に認められることになりました。これがきっかけとなり、日本では仮想通貨への投資が加速しています。

 

マイニングでビットコインが手に入る

仮想通貨の中にはコンピューターでマイニング(採掘)をすることで、報酬としてそのコインを貰えるものがあります。ビットコインのマイニングは専用のマイナーと呼ばれる機械を使わないと困難になりましたが、まだパソコンでマイニングできるコインはたくさんあります。
今回紹介するのはNiceHashが提供するマイニングソフトです。NiceHashはハッシュパワー(計算能力)を売買するサイトで、マイナーは自分のハッシュパワーを売って報酬を得ることができます。どのコインをマイニングするとかハッシュパワーの売買のところはNiceHashが勝手にやってくれるので、なにも難しいことを考える必要はありません。STARTボタンを押して放っておくだけです。(笑)

 

ビットコインのウォレットが必要

ビットコインをもらうには自分専用のビットコインウォレット(財布)が必要です。持っていない場合ははじめに作らなければなりません。いろいろなタイプのものがあるので、作り方などはネットで調べてみてください。個人的にはbreadwalletというスマホアプリが簡単でいいです。ウォレットを作ると1もしくは3で始まる英数字の羅列でできた「アドレス」が作られます。このアドレスに相手から送金されると、自分の財布の中にビットコインが入るというわけです。

 

NiceHash Minerのインストール

https://www.nicehash.com/index.jsp?p=nhmintro よりマイニングソフトをダウンロードして、ファイルを展開します。NiceHashMiner.exeを実行します。規約に同意すると追加のソフトウェアのダウンロードが始まりますので、しばらく待機します。(もしかしたらこのときウイルスチェックに引っかかるかもしれません)

 

NiceHash Minerのセットアップ

nice1

まずはじめに「Settings」を押して設定を行います。

nice2

Bitcoin Addressに、自分のビットコインウォレットのアドレスを入力します。報酬はこのアドレスに送ってね、って意味です。その他は任意で設定してかまいません。Service locationはJapanにすると、日本のサーバーに繋がります。Display Currencyは表示する通貨で、JPYにすると円で表示されます。あと、Hide Mining Windowsをチェックしておくと、マイニング中にウィンドウが隠れるので邪魔にならなくていいです。設定が終わったらSave and Closeを押します。

nice3

最初の画面に戻ったら「Benchmark」を押します。DeviceのGPUを選択して「Start」を押すと、ベンチマークがはじまります。仮想通貨には様々なアルゴリズムがあり、ベンチマークをすることで、使用しているビデオカードがどのくらいの能力があるのかがわかります。その能力を最大限発揮できるアルゴリズム、つまり一番儲かるやつをNiceHash Minerが自動的に選んでマイニングしてくれるのです。ベンチマークが終わったら「Close」で閉じます。

 

さあ、マイニングしよう!

nice5-2

最初の画面に戻って「Start」を押すとマイニングがはじまります。注目すべきところは、「*** JPY/Day」のところです。これは1日24時間動かしたら***円相当のビットコインが手に入る、という予想値です。しばらく動かしていると数字の変動も落ち着いてくると思います。レートは常に変動しているので、あくまで目安です。


mBTCはBTCの 1/1000 の単位になります。たとえば1BTC=30万円の場合、1mBTCは300円です。

 

電気代を引いて利益が出るか?

せっかくビットコインを手に入れたとしても電気代の方が高いのなら、普通に取引所でお金を払って買った方が早いですよね。はじめにPCの電気代がいくらになるのか計算してみましょう。たとえば消費電力が200Wで電気代が25円/kWhの場合、
  (200W / 1000) * 24時間 * 25円 = 120円
になります。私の場合GeForce GTX 1070の報酬が 554円だったので、電気代120円を引くと 434円になります。単純計算で1ヶ月動かすと 1万3千円 の利益になります。おお〜!ちょっとしたお小遣いになりますね!逆に、電気代を引いてもたいして利益が出ないようなら、マイニングはやめた方がいいかもしれません。

ちなみに私の環境では、2日間動かして報酬が1161円になりました。電気代を引くと1日あたり460円の収入です。

 

気をつけないといけないこと(重要)

マイニングはいいことばかりではありません。一番気を付けないといけないのは、火災です。実際にPCIeの補助電源ケーブルが燃えたという人もいます。私もマイニングをしていてマザーボードから煙が出たことがあります(そして電源とマザーボードが壊れました><)。ですから無人の状態でマイニングするのはやめた方がいいです。外出時は電源を落とすとか、万が一火が出ても燃え広がらないようなコンクリートのガレージにPCを置くとか、とにかく火災にならないように注意しましょう。これほんとに重要です。

 

それからもう一つ注意点

ビデオカードは24時間フル回転の状態です。発熱も大きいので、確実にビデオカードの寿命を縮めます。最悪の場合壊れることがあることもあるかもしれません。マザーボードにも、電源にも、かなり負担がかかっていることに注意してください。

 

報酬はいつ貰えるか

https://www.nicehash.com/index.jsp?p=myminer で自分のビットコインアドレスを入れると、マイニングしているアルゴリズムや1日あたりの利益、未払いの残高などが表示されます。「Unpaid balance」の数字がまだ支払われていない報酬です。支払われるタイミングは、残高が0.1BTC以上なら1日1回、0.01BTC以上なら週1回、0.001BTC以上なら月1回です。気長に待ちましょう。

なお、NiceHash MinerはGPUだけれなく、CPUのマイニングにも対応しています。ただしCPUのマイニングはほとんど利益にならないので、消費電力が増大するだけであまりメリットがないと思います。一応ベンチマークしてマイニングすれば予想値が表示されますから、あとはワットチェーッカーで消費電力を測って、比較してみるのもいいでしょう。

 

ビットコインを手に入れたら、使う?貯める?

最近ではビックカメラ有楽町店でビットコイン払いができるようになったり、今後はコンビニでビットコインが使えるようになるかも…という話も聞きます。ビットコインが貯まったら使うのもいいですし、今後も価格が上がると思うなら保管しておいて、高くなったら売るという手もありますね。私は10倍くらいになってから売るつもりです。(笑)